何をしても痩せない原因

何をしても痩せない原因

はじめに

 

ダイエット日々頑張っているる人の中で、
効果のでる人となかなか痩せない人に分かれます。

 

なかなか痩せない人は何をしても痩せないのでは
と思ってしまうほど効果の出ない人もいるでしょう。

 

この差は何が原因なのでしょうか?
同じダイエットをしていてもこれだけ結果に差がでてしまうのは、
何か原因があると考えて良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

 

まず一つ考えられるのがダイエットの方法が間違ってるということ。
これはダイエット方法をしっかりと確認して、
その通りにやれば結果はついてくるかもしれません。

 

しかし、ちゃんとした方法でダイエットを行っても痩せないという人は
もしかしたらそれは体質に原因があるかもしれません。

 

痩せない体質になってしまうと同じダイエットをやっていても、
効果がなかなか表れにくくなってしまうのです。

 

そこで、ここでは何をしても痩せない原因として、
痩せにくい体質になってしまう原因と解決方法を紹介します。

 

 

何をしても痩せない原因

 

何をしても痩せない原因の一つとして痩せにくい体質があります。
この場合、ダイエットをする前に痩せやすい体質に
改善していく必要があります。

 

しかし、まずは痩せにくい体質になってしまう原因を知る必要があります。
そこで、ここでは痩せにくい体質になってしまう原因をいくつか紹介します。

 

スポンサードリンク

 

筋力の衰え

 

筋肉が衰えてしまうと、それだけエネルギーの消費量が少なくなります。
そうなると、普段の生活で消費されるエネルギーである
基礎代謝量が下がってきてしまいます。

 

実は、基礎代謝量は1日に消費されるエネルギーの
約6割を占めてていますから、基礎代謝量が落ちると
それだけ何をしても痩せないと感じる原因になってしまいます。

 

 

血行がわるい

 

血液やリンパの流れが悪いと痩せにくい体質になります。
これは、血行が悪いと新陳代謝が悪くなり、
エネルギー消費量が下がってきてしまうからです。

 

これだけでなく、血行やリンパの流れが悪いと、
むくみが発生してしまう原因にもなってしまいます。

 

むくみは例え贅肉がそれほどついていなくても、
パンパンに張ってしまうため太って見えてしまいます。

 

つまり、むくみが何をしても痩せないと感じてしまう
原因にもなってしまうということですね。

 

 

痩せる体質にする方法

 

ここでは何をしても痩せない原因の一つである
痩せにくい体質を解消する方法について紹介します。

 

上記したように痩せにくい体質になってしまう原因は
基礎代謝量が下がることが主な原因です。

 

そこで、ここでは基礎代謝量をアップさせる方法
について主に解説していきます。

 

 

大きな筋肉のトレーニング

 

筋トレすることで基礎代謝量を上げて痩せやすい体質にできます。
また、より大きな筋肉を鍛えることで効率的に筋肉量をアップできます。

 

大きな筋肉は太もも、胸筋、背筋の3つなので、
この3つの筋肉を集中的にトレーニングするようにしましょう。

 

 

白湯を飲む

 

白湯を飲むことで体温を高めることができます。
体温を高めると血の巡りがよくなるため、
血行が促進されて新陳代謝が活発になります。

 

 

半身浴をする

 

半身浴をすることで血液やリンパの流れを良くすることがでます。
これらの流れが改善されることで、溜まった老廃物をきれいに流すことができ、
むくみ改善をサポートすることができます。

 

何をしても痩せないと感じる原因の一つはむくみが改善されないことですから、
むくみにより太って見えてしまう方には効果が高いでしょう。

 

 

おわりに

 

何をしても痩せない原因は痩せにくい体質が大きな要因です。
痩せにくい体質を改善するには基礎代謝量を上げることが重要です。

 

基礎代謝量をアップさせるにはこれませ紹介してきたことを
実践して痩せる体質に改善させましょう。

 

スポンサードリンク